忍者ブログ
秋山もえ。日本共産党上尾市議会議員3期目。千葉県木更津市生まれのO型、辰年、水瓶座。Ally。 新聞奨学生をしつつ大東文化大学国際関係学部卒業(ウルドゥー語)。Family:夫&こども3人。Love:手話*カフェめぐり*バスケ*ネイル*詩をかくこと*歌うこと*整理整とん*図書館*宇多田ヒカル*MISIA(*´∀`) Facebook.Twitter.LINE.mixi でも日々情報を発信中‼
[998] [997] [992] [990] [993] [991] [996] [989] [985] [984] [988]

2017/07/04 (Tue)

戸崎東部に
整備がすすむ
全面パークゴルフ場の公園。



いま
どんなことが
問題になっているかを
少し書きたいと思う。


何年もかけて市は
地元の戸崎住民と
どんな公園をつくるか
検討してきたにもかかわらず
公園の完成設計図は
それまでの議論が
まるで無かったかのような
全面パークゴルフ場の
公園となっていた。


これは
おかしいということで
戸崎自治会・町づくり協議会は
戸崎住民アンケートを実施し
153戸に配布
144戸からの回答があった。


アンケートには
全面パークゴルフ場の公園の
見直しを求める声が
びっしりと
書かれていた。


しかし
それを見ても
市は計画の再検討をせず
それどころか
36ホールの
全面パークゴルフ場を
望んでいる人のほうが多い
という
驚くべき結論を
アンケート結果から
導き出した。


どうやって
導きだしたか。


それは
明らかに見直しを求めている声を
その他の意見として
分類したのだ。


市の集約では
賛成28・反対と見直し27・その他62
となっているのだ。


なぜ36ホールの
全面パークゴルフ場の公園に
計画が変更されたのかを
これまで
日本共産党の池田議員が
その理由を
質問してきたわけだが
「平成25年8月21日に地権者(農地整備組合の組合長ほか5名)の口頭による強い要望を受けたから」
「地権者の要望が何より優先される」
と市は答えてきた。


ところが
6月議会の市の答弁を聞いていると
んっ??と思うところがあった。


なぜ始め(第6案)は
9ホールしか
整備予定でなかったパークゴルフ場を
全面36ホールに変更したのか
という質問に対し市は・・・


「当公園の目玉施設として(第6案において)9ホールのパークゴルフ場を計画した。この施設は、地権者で構成する『戸崎東部地区農地整備組合』では始めて聞く方が多かったことから、鴻巣市吹上のパークゴルフ場を視察した。視察に参加した方々から市内大会など大きな大会が開催できるように、パークゴルフ場を中心とした施設計画への変更について、強い要望が出された。このことを受け、職員による鴻巣市への視察や庁内での検討結果を踏まえ、36ホールに変更した」


と答弁したのだ。


つまりは
つねに
市が主導で
進めてきたと
いうことだ。


けっきょく
いろいろ
地元の要望や意見は
聞いてけれど
最後に決めるのは
市であり
決定したら
それ以上は
意見を聞かない
ということなのだろう。


たんなる公園では
「お金を生まないから」
という職員の話も聞く。


市としては
お金を生んで
整備費用が
回収できる公園ならば
テニスコートでも
パークゴルフでも
かまわないのかしれない。


こんな
政策決定が
あっていいのだろうか。


なんのために
市民の声を
聞くのか。


市民不在。


形だけの
民主主義。


これは
新図書館建設にも
言えることだが
いまの
上尾市政の
大きな特徴だ。


現在 市は
パークゴルフ場整備予定地のすべてを
取得できていない。


二人の地権者が
こんなやり方はおかしいと
土地を手離さず
抗議をしているのだ。


それでも市は
まず今年度
18ホール整備し
二人の地権者の土地を避けても
あと9ホールは
整備できる
としている。


そこまでして
推し進めたいのだろうか。


なぜ
再検討するという
選択肢が
ないのだろうか。


日本共産党は
18ホールの整備については
許容できるとしつつ
その他の広い土地は
地元の声を生かし
スケボーパークやサッカー
野球やテニスができ
子どもたちか高齢者まで
楽しめるような
公園整備を
と求めている。


県内各地から
パークゴルフで
人を呼び寄せようと
広い駐車場を
完備するこの公園は
もはや
地元住民が
ふらっと立ち寄れるような
地区公園とは
呼べない。


今後も
見直すことを
強く求めていく。
PR
もえブログの検索
プロフィール
趣味:
カフェめぐり、バスケ、ネイル、整理整とん、詩をかくこと、歌うこと、図書館通い(*´∀`)
自己紹介:
秋山もえ/ 上尾市議会議員3期目/ 家族は夫&こども3人/ 1976年2月11日に千葉県木更津市に生まれる/ Ally(性的マイノリティ支持)/ 手話を勉強中/ 自営パン屋を営む両親の手伝いをしながら育つ/ 小・中・高校と陸上競技、水泳、ロードレース、バスケットなどスポーツばかりの日々/ 身長170㎝/ 新聞奨学生として朝日新聞の配達・集金をしながら予備校2年間を足立区北千住&大学4年間を板橋区中板橋で過ごす/ 大学に在学中に日本共産党に入党/ ウルドゥー語(パキスタンの言語)を専攻/ 2000年3月大東文化大学国際関係学部卒業/ 2000年日本共産党埼玉県委員会勤務/ 2007年上尾市議会議員選挙に立候補・初当選/ 好きな食べ物は母がつくるすいとん、ひじき、豆腐、納豆、さつまいも、いちご、チョコレート/ お酒は梅酒を一杯くらいしか飲めない/ タバコは大嫌い/ 埼玉県上尾市西上尾第二団地2-19-503在住/ 048-783-0503/ 090-5394-7971/ mugendai2010@docomo.ne.jp
もえブログ訪問者
ブログQRコード
忍者ブログ [PR]
イラスト提供:ふわふわ。り Template:hanamaru.