忍者ブログ
秋山もえ。日本共産党上尾市議会議員3期目。千葉県木更津市生まれのO型、辰年、水瓶座。Ally。 新聞奨学生をしつつ大東文化大学国際関係学部卒業。Family:夫&こども3人。Love:手話*カフェめぐり*バスケ*ネイル*詩をかくこと*歌うこと*整理整とん*図書館*宇多田ヒカル*MISIA(*´∀`) Facebook.Twitter.LINE.mixi でも日々情報を発信中‼
[711] [710] [709] [708] [707] [706] [705] [704] [703] [702] [701]

2014/04/11 (Fri)

もうひとつ
3月議会で
とりあげた
質問の中身を
書きます。



昨年
日本共産党がおこなった
暮らしのアンケートには
医療や介護における
不安や心配
要望がたくさん
寄せられました。


とくに
上尾中央総合病院
(以下、中央病院)
に対しては
●災害時の拠点病院になってほしい
●いつでもかかれる病院であってほしい
●中央病院の市の位置づけはどうなっているのか
…など
期待の声が
非常に大きいのが
特徴的でした。


また
小児
2次救急の
24時間365日体制実現や
平日夜間及び休日急患診療所
(以下、診療所)の
診療時間の延長に対する
子育て世代の
強い要望があります。


こうした点について
市の認識を質すと…


●中央病院には
上尾市のみならず
近隣市町の
救急医療体制を
支えてもらっている。


●市の救急搬送人員は
2013年度8570人で
そのうち
市外への搬送となったのは
2867人(33,5%)。


●中央病院は
県から災害拠点病院の
指定を受けることを
目指していて
指定後は
高度な医療機能を
発揮できるように
市と病院
および
医師会の役割を
明確にする
マニュアルを整備したい。


●小児
2次救急
365日体制については
あと日曜日の
輪番病院が決まれば実現する。
引き続き
中央病院と
北里大学メディカルセンターの
2つの病院に要望をしていく。


●診療所の
診療時間延長については
引き続き
医師会と協議しながら
慎重に検討する。


…との
答弁でした。



●県立小児医療センター移転問題
 


県において
県立小児医療センター
(以下、センター)の
移転に向けた動きが
進んでいます。


県は
現在地に
センターの機能を
どれだけ残すのかについて
患者ご家族への
アンケートを行い
把握に努めていますが
このアンケートの
結果を見ると
現在地に
今あるすべての機能を
残すことを
患者ご家族が
望んでいることが
伺えます。



しかしながら
昨年
10月に行われた
県の説明会の中で
県は
NICU(新生児集中治療床)や
小児
2次救急の機能について
これらは
現在地に残す機能として
検討していない
と答え
会場を驚かせました。


結局
いろいろ患者ご家族の
声を聞いているけれども
結論ありきで
進んでいるという事が
伺えます。


新生児は
救急車での
搬送時間が延びれば
それだけ
死亡の確率が上がります。


交通渋滞が
予想される
さいたま新都心への
搬送には
不安が残ります。



こうした
県の無策に対し
上尾市は
もっと怒りをもち
市内在住の患者ご家族の
代弁者となって
発言し
動いていくことが
求められています。



私は
市長に対し
「県に要望すれば
各自治体において
患者ご家族の要望を聞く会を
開催すると
県は言っている。
市内での説明会を
県に要望してほしいが
見解は」と
迫りました。


しかし市長は
「引き続き今後の県の動向を
注視し判断する。
なお多くの市町村が
(センターの移転に)賛意を示し
市長会としても
一定の方向で動いている」
という
あまりにも
情けない答弁に
終始しました。


私は
「上尾市は
県内
2番目の
センター利用者数
(年間約
2000人)である。

この間の
説明会に参加できている
患者ご家族は
ほんの数名。

大半の方が
移転計画自体についても
新病院の中身についても
知らされていない。

市内での説明会開催を
県に求めてほしい。

市長にも
患者ご家族の声
県の計画の実態を
もっとリアルに
つかんでほしい」
と強く
要望しました。

 

 
ほんとうに
こんな甘い認識の
首長のもとでは
安心して
子育てできない。


市長
もっと
しっかりして!!!


と思います。
 

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
苦情
上尾中央総合病院って昔に比べてかかりにくいです。 私は以前、上尾こう生病院にかかっていたが、2010年1月より外来診療ができなくなり今は近所の関口医院に受診せざるを得ないが、関口医院はご存知の通り小児科・整形外科・眼科・内科・リハビリで眼科は月・水・金・土曜日の午前のみしかやってないのでいざという時にはかかれない状況があります。 逆に中央病院にいくと選定療養費で3000円弱を通常の治療費に上乗せでかかります。
もしも上尾市内の200床以下の病院と診療所が経営難でなくなり上尾中央総合病院だけしか病院がなかったらそれでも選定療養費は取るつもりなのか?
中央病院ばかり責めるつもりはないけど200床以下の病院が少ないし診療所も小児科・内科や整形外科ばかり設置していて耳鼻科とか脳神経外科や心臓外科など滅多にかからなそうな科が近くにあるとわざわざ中央病院に紹介状を書いてもらう手間が省けますが…。
これは日本の医療全体の問題なのでしっかり向き合って欲しい。 『関係ない』という意識は持たないで下さい。
sa10mi 2014/04/18(Fri)19:04:54 edit
もえブログの検索
プロフィール
趣味:
カフェめぐり、バスケ、ネイル、整理整とん、詩をかくこと、歌うこと、図書館通い(*´∀`)
自己紹介:
秋山もえ/ 上尾市議会議員3期目/ 家族は夫&こども3人/ 1976年2月11日に千葉県木更津市に生まれる/ Ally(性的マイノリティ支持)/ 手話を勉強中/ 自営パン屋を営む両親の手伝いをしながら育つ/ 小・中・高校と陸上競技、水泳、ロードレース、バスケットなどスポーツばかりの日々/ 身長170㎝/ 新聞奨学生として朝日新聞の配達・集金をしながら予備校2年間を足立区北千住&大学4年間を板橋区中板橋で過ごす/ 大学に在学中に日本共産党に入党/ ウルドゥー語(パキスタンの言語)を専攻/ 2000年3月大東文化大学国際関係学部卒業/ 2000年日本共産党埼玉県委員会勤務/ 2007年上尾市議会議員選挙に立候補・初当選/ 好きな食べ物は母がつくるすいとん、ひじき、豆腐、納豆、さつまいも、いちご、チョコレート/ お酒は梅酒を一杯くらいしか飲めない/ タバコは大嫌い/ 埼玉県上尾市西上尾第二団地2-19-503在住/ 048-783-0503/ 090-5394-7971/ mugendai2010@docomo.ne.jp
もえブログ訪問者
ブログQRコード
忍者ブログ [PR]
イラスト提供:ふわふわ。り Template:hanamaru.