忍者ブログ
秋山もえ。日本共産党上尾市議会議員3期目。千葉県木更津市生まれのO型、辰年、水瓶座。Ally。 新聞奨学生をしつつ大東文化大学国際関係学部卒業(ウルドゥー語)。Family:夫&こども3人。Love:手話*カフェめぐり*バスケ*ネイル*詩をかくこと*歌うこと*整理整とん*図書館*宇多田ヒカル*MISIA(*´∀`) Facebook.Twitter.LINE.mixi でも日々情報を発信中‼
[944] [943] [942] [941] [940] [939] [938] [937] [935] [934] [933]

2016/08/12 (Fri)
8/9(火)の13:30より
市役所全員協議会室で
今年度第1回目の
「国保運協」が開かれ
出席しました。

議題は
●昨年度の国保特別会計の決算のついて
●賦課限度額(諮問事項)について
●保養施設宿泊費補助の削減について
●データヘルス計画の策定について


決算では実質収支額が
9億5293万8590円の
黒字となったことが
報告されました。


法定外の一般会計繰入は
当初予算で約14億円
計上されていましたが
決算額は
約8億5000万円。


ということは
法定外の一般会計繰入額を
1億円上回る黒字と
なったということです。


今後
黒字分を使ったり
また
適切な法定外繰入をして
国保税の引き下げ実施を
さらに市に求めて
いこうと思います。


【賦課限度額について】


市長が答申を求め
今回
国保運協に
諮問したのが
賦課限度額の引き上げ。


来年度以降
見直したいとのこと。


国が定める限度額が
この間
毎年のように引き上げられ
現在89万円に
なっています。


上尾市の
賦課限度額は
現在77万円です。


これを
85万円に
引き上げたい
とのこと。


しかしながら
この限度額引き上げは
「高額所得者」に
負担増を求めるものですが
その影響額は
あまりにも大きく
市が考えている
85万円への引き上げの場合
その影響額は…


●医療分が768世帯に785万1千円
●支援分が328世帯に1214万1千円
●介護分が71世帯に352万9千円


影響額合計が
2352万2千円に
なります。


私は
「今回の諮問については、国が上げているから、市も上げる。他市も上げているから、という理由にならない理由しか説明されていない。値上げは慎重に考えるべきだ。国と市との差があることで、何かペナルティーがあるのか。具体的な不都合はなにか」
と質問しました。


市は
「調整交付金を算定するとき、交付金が少なく算定されている。広域化にむけ、今から少しずつ引き上げていくことで、一気に負担増とならないので。広域化では国の示す法定限度額をもとにすることのなっている」
と答えました。


こんな答えじゃ
とても
納得できません。


次回の国保運協で
採決は未定だが
意見を取りまとめて
答申を出す
とのことでした。


そもそもの
問題点を
明らかにしていきたいと
思います。


質問票も
いただいたので
しっかり
質問や意見を
提出したいと
思います。


【保養施設宿泊費補助削減について】


それから
驚いたのが
保養施設宿泊費補助の削減。


市の行政評価で
「貢献度」「市の関与」
「効果」「コスト比較」
などの観点で評価をおこない
そこでこの保養施設宿泊費補助は
削減すべきとの結果が出た
との報告が。


上尾市は国保加入者の
健康保持と増進を図るため
保養施設を利用する際に
年度内2泊を上限として
1泊につき1人3000円を
補助しています。


これを
近隣市と同程度の
年度内1泊に
平成30年度以降
削減したい
というのです。


この間の利用実績は
●平成25年度 3377件 1031万円
●平成26年度 3080件 924万円
●平成27年度 2743件 822万円


国保加入者が
減っていることや
保養施設の宣伝が
非常に消極的なこともあり
利用実績は
年々減少しています。


ちなみに
2泊利用は
平成27年度は
755人で
4分の1強です。


委員の方たちから
「そもそも保養施設の紹介パンフは担当窓口に行かないともらえず、市民の目のつくところに置かれていない。貢献度だ効果だと言ったが、おかしいではないか。年金者がわかるよう、わかりやすいところに置く必要があるんじゃないのか」

「他市と同じにすることはない。健康作りのために始めたはず。高齢者の楽しみであるから、上尾市はむしろ他市を引っ張ってほしい」
との意見が。


市は
「この見直しはくつがえせない」と。


私は怒り心頭で
「たった820万円の予算も計上できないほど、市の財政状況はひどいのか。利用者が年々減っているにも関わらず、補助の周知こそすべきではないのか。委員のみなさんが言う通り、これは高齢者の方のささやかな楽しみを奪うことである。くつがえせない、ではなく、ここで出された声を市長に上げて、補助削減についてはやめていただきたい」
と意見を述べました。


国保運協が終わったあと
ある委員の方が
「あんたの言うとおりだよ」
と声をかけてくださり
立ち話になりました。


「820万円が出せなくて図書館に38億円使うというのは、一体なんでしょうね。お金の使い方が本当に間違ってますよね」


「本当にそうだ。利用者も減っているのに。おかしい話だ」


普通に考えたら
おかしいことも
市長にとっては
おかしくもなんともなく
むしろ
自身のやりたい施策に
税金を注げれば
それで
よしということ
なのでしょう。


市政が
住民から
遠ざかり
好き勝手に
進んでいることが
本当にくやしいです。


なんとか止めたい。


本当に止める。


この
思いが大事。
がんばらなくちゃ!
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
もえブログの検索
プロフィール
趣味:
カフェめぐり、バスケ、ネイル、整理整とん、詩をかくこと、歌うこと、図書館通い(*´∀`)
自己紹介:
秋山もえ/ 上尾市議会議員3期目/ 家族は夫&こども3人/ 1976年2月11日に千葉県木更津市に生まれる/ Ally(性的マイノリティ支持)/ 手話を勉強中/ 自営パン屋を営む両親の手伝いをしながら育つ/ 小・中・高校と陸上競技、水泳、ロードレース、バスケットなどスポーツばかりの日々/ 身長170㎝/ 新聞奨学生として朝日新聞の配達・集金をしながら予備校2年間を足立区北千住&大学4年間を板橋区中板橋で過ごす/ 大学に在学中に日本共産党に入党/ ウルドゥー語(パキスタンの言語)を専攻/ 2000年3月大東文化大学国際関係学部卒業/ 2000年日本共産党埼玉県委員会勤務/ 2007年上尾市議会議員選挙に立候補・初当選/ 好きな食べ物は母がつくるすいとん、ひじき、豆腐、納豆、さつまいも、いちご、チョコレート/ お酒は梅酒を一杯くらいしか飲めない/ タバコは大嫌い/ 埼玉県上尾市西上尾第二団地2-19-503在住/ 048-783-0503/ 090-5394-7971/ mugendai2010@docomo.ne.jp
もえブログ訪問者
ブログQRコード
忍者ブログ [PR]
イラスト提供:ふわふわ。り Template:hanamaru.