忍者ブログ
秋山もえ。日本共産党上尾市議会議員3期目。千葉県木更津市生まれのO型、辰年、水瓶座。Ally。 新聞奨学生をしつつ大東文化大学国際関係学部卒業。Family:夫&こども3人。Love:手話*カフェめぐり*バスケ*ネイル*詩をかくこと*歌うこと*整理整とん*図書館*宇多田ヒカル*MISIA(*´∀`) Facebook.Twitter.LINE.mixi でも日々情報を発信中‼
[731] [730] [729] [728] [727] [726] [725] [724] [723] [722] [721]

2014/06/23 (Mon)
ずーっと前から
観たかった映画。

「うまれる」を
筑波大学東京キャンパスまで
観に行ってきました。


自主上映を
しているところでしか
観ることができない映画で
ドキュメンタリー。


泣いた
笑った…


そして
自分の中で
いくつかの発見や
変化が。


この映画には
出産予定日に
赤ちゃんが
おなかの中で
心拍をとめてしまう
死んでしまうという
あまりにも
衝撃的な経験をされた
ご夫婦が
出演しています。


こんなことって…


こんなことが
あるのか…


あるんです。


それを
どう受けとめていくか。


その過程のなかで
ご夫婦は
産婦人科医の
鮫島浩二先生に
会いに行きます。





子どもが
親を選んで
おなかに宿ってくれる。


鮫島先生は
そのことを書いた
ちいさな絵本の
著者でもある方。


予定日に
死産となったけれど
10ヶ月という
短い期間
おなかの中で
生き抜いて
幸せを与えてくれて
命を燃やした
赤ちゃん。


じつは
私の母も
死産の
経験をもっています。


一番最初の
赤ちゃんが
5ヶ月で
へその緒が
首に巻かれて
大きくなれなかったのです。


だから
私には
二人の姉が
いるんだ。


5ヶ月
生き抜いた姉と
そして
現在
ひとつ年上の姉。


6歳下に
弟もいます。


そっか。


そういうことか。


そう考えたら
母の声が
聞きたくなりました。


「うまれる」。


上尾市でも
なにかのイベントで
上映してほしい。


学校でも
上映会を
してほしい。


そう思いました。


ちょっと
もちかけて
みようかしら。


命が大切…と
100回言うよりも
1回観て
考えさせてくれる
映画です。


命って
なんだろう。


不妊治療への見方
イメージも
私自身
相当かわりました。


人間のエゴではない。


妊娠のしやすさも
しにくさも
その人それぞれ
顔が違うように
個性だから
卵子と精子が
出会う瞬間を
医療的に
お手伝いしてもらうのは
なんらエゴではない。


そっか。


そうなんだ。


いろんなことを
考えさせて
くれた「うまれる」。


現在
続編も
作成中とのこと。


とっても
楽しみです。


「うまれる」の
ポスターにもなっている
ご夫婦のお子さん
とらちゃんは
完治しない障害をもつ
男の子。


1歳になれる確率が
10%というなか
なんと今
5歳になって
いるとのこと。


ほんとうに
ほんとうに
奇跡の赤ちゃん。


生命って
すごい。


ぜひ
ご関心の
ある方は
「うまれる」のHPから
自主上映場所と日程を調べて
足を運んでみてください。


自分が
なぜ
うまれてきたのか…


ちょっと
立ち止まって
考える時間に
なると
思います。
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お久しぶりです
久々すぎて、誰かわからないかな?
私も今、妊娠中。
9月には2人目がうまれる予定です
私は去年、流産を経験して、その半年後に母とこの映画をみました
上映中は亡くした我が子をおもって、涙がとまりませんでした
でも、みるべくしてみた映画だったのだな、と今は思います
ぜひ、近い上尾で上映して欲しい!
わたしはもう一度、この映画を夫とみたいと思っています
私が大宮でみたのはママさんサークルが主催で、保育室もあって、でも、子どももみにきていて、とてもあたたかい上映会でした
ほんと、いろんな人にみてほしい!
…と、何年ぶりがわからない、もえもえの前で黙ってられなくて、出てきちゃいました

みずほ 2014/06/24(Tue)06:55:21 edit
みずほさんへ☆
コメント、本当にありがとうございます!
ぜひ上尾でも上映したいですね!
夫さんとぜひ(*´∀`)

もし差し支えなければ、わたしのメアドの方に、直接ご連絡ください(*´ω`*)

mugendai2010@docomo.ne.jpです☆
【2014/06/26 08:29】
テレビドラマ「生まれる」
タイトル見て、「いよいよ出産?」と早合点?してしまいました。

テレビでも「生まれる」というタイトルのドラマがありました。

こちらは「高齢出産」がメインですが、「羊水検査は命の選別か?」「子どもに恵まれない夫婦の葛藤」「ダウン症の子を持った母親の苦悩」など、出産にまつわるあらゆる問題を正面から問い掛けたドラマでした。
大東OB 2014/06/26(Thu)03:26:34 edit
もえブログの検索
プロフィール
趣味:
カフェめぐり、バスケ、ネイル、整理整とん、詩をかくこと、歌うこと、図書館通い(*´∀`)
自己紹介:
秋山もえ/ 上尾市議会議員3期目/ 家族は夫&こども3人/ 1976年2月11日に千葉県木更津市に生まれる/ Ally(性的マイノリティ支持)/ 手話を勉強中/ 自営パン屋を営む両親の手伝いをしながら育つ/ 小・中・高校と陸上競技、水泳、ロードレース、バスケットなどスポーツばかりの日々/ 身長170㎝/ 新聞奨学生として朝日新聞の配達・集金をしながら予備校2年間を足立区北千住&大学4年間を板橋区中板橋で過ごす/ 大学に在学中に日本共産党に入党/ ウルドゥー語(パキスタンの言語)を専攻/ 2000年3月大東文化大学国際関係学部卒業/ 2000年日本共産党埼玉県委員会勤務/ 2007年上尾市議会議員選挙に立候補・初当選/ 好きな食べ物は母がつくるすいとん、ひじき、豆腐、納豆、さつまいも、いちご、チョコレート/ お酒は梅酒を一杯くらいしか飲めない/ タバコは大嫌い/ 埼玉県上尾市西上尾第二団地2-19-503在住/ 048-783-0503/ 090-5394-7971/ mugendai2010@docomo.ne.jp
もえブログ訪問者
ブログQRコード
忍者ブログ [PR]
イラスト提供:ふわふわ。り Template:hanamaru.